JWA 日本気象協会

職員インタビュー

交通ソリューション

戸谷 洋介

防災ソリューション事業部 防災支援課
2014年入社
理学部地球惑星科学科 卒業

事業の幅広さと伝統から生まれる信頼関係に惹かれて

小さい頃から自然が好きで、中学生の時にはラジオの気象通報を聞きながら天気図を自分で作ることもありました。大学では地学を専攻。ハンマーを片手に山の中にこもって、その土地の成り立ちなどを調べることをしました。大学時代に得た「現場を見ることの大切さ」は、日本気象協会に入社してからも役立っていると思います。

大雨や地震、火山噴火などの自然現象は、時に大きな災害をもたらすものでもあります。「こうした災害による被害を少しでも減らしたい」と思ったことが、この業界に興味を持ったきっかけです。その中でも日本気象協会を選んだ理由は2つあります。1つ目は「気象」という専門分野を生かして、世の中に広く貢献している点。実際、現在所属する防災ソリューション事業部の仕事ひとつを取っても、周りの席の人が今どんな仕事をしているのか覚えられなくなる時があるほど、さまざまな事業に取り組んでいます。そして、もう1つがお客様との関係性の深さ。伝統があり、これまでの先輩たちが築いてきた信頼関係があるからこそ、行うことができる仕事も多いと考えました。入社後はこれら日本気象協会の特長を肌で感じながら働いています。

防災情報システムの構築・運用のトータルプロデューサー

現在、防災ソリューション事業部に所属する私は、自治体の防災担当者が活用するシステムから、住民向けに防災情報を提供するためのシステムの構築・運用まで幅広い業務に携わっています。具体的には、お客様の要望をもとにシステムの要件をとりまとめ、社内の情報部門と連携。詳細な仕様が固まったら、協力会社の力も借りて、雨量や河川水位の状況などを観測する機器の設置から回線の敷設、観測データの処理、表示システムの構築など、完成までに必要な調整と全体のマネジメントを行っていきます。お客様へのシステムの提案から行うので、防災情報システムの技術営業のようなこともしています。とはいえ、入社するまでは情報システムに関する知識をほとんど持っていなかったため、日々勉強しながら取り組んでいます。

印象に残っている仕事は、入社1年目の秋に携わったプロジェクトです。ある自治体の庁舎移転に伴い、観測データの収集に関する回線の移設とシステムの切り替え作業を行うことになりました。このプロジェクトは、先輩社員の協力を得ながらも私自身が初めて主担当としてとりまとめた案件だったこともあり、多くのことが印象に残っています。特に、「切り替えに伴う停止期間をできるだけ短くしたい」というお客様の強い要望を目の当たりにした時、24時間365日、危機管理を担っているシステムの重要性を改めて認識しました。限られた日数で社内外の関係者との調整を行い、極力短い停止期間で移設・切り替えを終了できた瞬間は大きなやりがいがありました。

自分自身の強みを組み合わせ、気象に新たな価値を

気象を軸に多種多様な事業に挑戦できるのは、日本気象協会で働く大きな魅力の一つだと思います。気象の知識、技術、経験を持った社員は数多くそろっているので、そこに自分自身の学んできたことや得意なこと、興味のあることを組み合わせ、これまでにない新しい価値を生み出していきたいですね。伝統ある組織である一方、私が入社してからも先進的な取り組みに挑戦しているように感じます。社内では、年齢や経験に関係なく意見を言いやすいですし、若い人にも仕事を任せてくれる雰囲気もある。今後はコミュニケーション力や調整力を磨き、自治体向けの防災情報システムをより良いものにしていくことができればと考えています。そして、入社前に思い描いていた災害による被害を減らすことに少しでも貢献できたらうれしいですね。

戸谷 洋介

防災ソリューション事業部 防災支援課
2014年入社
理学部地球惑星科学科 卒業

事業の幅広さと伝統から生まれる信頼関係に惹かれて

小さい頃から自然が好きで、中学生の時にはラジオの気象通報を聞きながら天気図を自分で作ることもありました。大学では地学を専攻。ハンマーを片手に山の中にこもって、その土地の成り立ちなどを調べることをしました。大学時代に得た「現場を見ることの大切さ」は、日本気象協会に入社してからも役立っていると思います。

大雨や地震、火山噴火などの自然現象は、時に大きな災害をもたらすものでもあります。「こうした災害による被害を少しでも減らしたい」と思ったことが、この業界に興味を持ったきっかけです。その中でも日本気象協会を選んだ理由は2つあります。1つ目は「気象」という専門分野を生かして、世の中に広く貢献している点。実際、現在所属する防災ソリューション事業部の仕事ひとつを取っても、周りの席の人が今どんな仕事をしているのか覚えられなくなる時があるほど、さまざまな事業に取り組んでいます。そして、もう1つがお客様との関係性の深さ。伝統があり、これまでの先輩たちが築いてきた信頼関係があるからこそ、行うことができる仕事も多いと考えました。入社後はこれら日本気象協会の特長を肌で感じながら働いています。

防災情報システムの構築・運用のトータルプロデューサー

現在、防災ソリューション事業部に所属する私は、自治体の防災担当者が活用するシステムから、住民向けに防災情報を提供するためのシステムの構築・運用まで幅広い業務に携わっています。具体的には、お客様の要望をもとにシステムの要件をとりまとめ、社内の情報部門と連携。詳細な仕様が固まったら、協力会社の力も借りて、雨量や河川水位の状況などを観測する機器の設置から回線の敷設、観測データの処理、表示システムの構築など、完成までに必要な調整と全体のマネジメントを行っていきます。お客様へのシステムの提案から行うので、防災情報システムの技術営業のようなこともしています。とはいえ、入社するまでは情報システムに関する知識をほとんど持っていなかったため、日々勉強しながら取り組んでいます。

印象に残っている仕事は、入社1年目の秋に携わったプロジェクトです。ある自治体の庁舎移転に伴い、観測データの収集に関する回線の移設とシステムの切り替え作業を行うことになりました。このプロジェクトは、先輩社員の協力を得ながらも私自身が初めて主担当としてとりまとめた案件だったこともあり、多くのことが印象に残っています。特に、「切り替えに伴う停止期間をできるだけ短くしたい」というお客様の強い要望を目の当たりにした時、24時間365日、危機管理を担っているシステムの重要性を改めて認識しました。限られた日数で社内外の関係者との調整を行い、極力短い停止期間で移設・切り替えを終了できた瞬間は大きなやりがいがありました。

自分自身の強みを組み合わせ、気象に新たな価値を

気象を軸に多種多様な事業に挑戦できるのは、日本気象協会で働く大きな魅力の一つだと思います。気象の知識、技術、経験を持った社員は数多くそろっているので、そこに自分自身の学んできたことや得意なこと、興味のあることを組み合わせ、これまでにない新しい価値を生み出していきたいですね。伝統ある組織である一方、私が入社してからも先進的な取り組みに挑戦しているように感じます。社内では、年齢や経験に関係なく意見を言いやすいですし、若い人にも仕事を任せてくれる雰囲気もある。今後はコミュニケーション力や調整力を磨き、自治体向けの防災情報システムをより良いものにしていくことができればと考えています。そして、入社前に思い描いていた災害による被害を減らすことに少しでも貢献できたらうれしいですね。

戸谷 洋介

防災ソリューション事業部 防災支援課
2014年入社 理学部地球惑星科学科 卒業

青木 沙保里

環境・エネルギー事業部 環境影響評価室
2014年入社 農学部農学科 卒業

相中 健吾

関西支社 環境・エネルギー事業課
2011年入社 理学部 基礎化学科 卒業

矢崎 菜名子

メディア・コンシューマ事業部 コンシューマ事業課
2015年入社 経営学部経営学科 卒業

岸 為良

情報サービス部 予報サービス課
2016年入社 環境学研究科 修了

山浦 理子

広報室
2014年入社 教育学部英語専修 卒業

採用情報

みなさまのご応募お待ちしています。

  • FAQ
  • 募集要項
  • ENTRY

Recruiting Information

採用情報

みなさまの応募をお待ちしています。

FAQ

募集案内

ENTRY